2018

保湿ケアアトピー性皮膚炎はその名の通り皮膚の炎症ですので、なんといっても皮膚そのもののケアという予防が大切になってきます。大人アトピーの予防として大切なスキンケアはやはり保湿ケアです。肌のバリア機能が失われる場合それは肌の表面さらには内部の水分がなくなってしまっていることが考えられますので、常に潤いが保たれるような保湿ケアをする必要があるのです。女性であれば顔の保湿ケアはお風呂上がりにしっかりしている人が多いと思いますが、ぜひボディクリームやボディローションを使用して身体の保湿ケアもしっかりするようにしましょう。

保湿剤もたくさん出ていて、成分も色々です。自分の肌に合うものを選びたいものですが、なかなか合うものがわからない場合はぜひ専門家の意見を聞くようにしましょう。そしてこうした身体の保湿をおこなう際に重要なのは皮膚を清潔にしておくことなので、入浴の際に優しく身体を洗うことによって保湿ケアの準備をしましょう。あまり高温のお湯でゴシゴシと肌をこすってしまうと必要な角質まで落とされてしまい、肌が傷つくことにもなるので注意しましょう。ボディケアの方法は今様々な媒体で紹介されていますので、自分で研究して大人アトピーがひどくならないように日頃から保湿ケアをしっかりとするようにしましょう。

〔参照リンク〕みんなの肌潤糖

風邪でもなんでも発症してから対処するよりも予防をしっかりして防ぐことができればベストです。アトピー性皮膚炎も同様で、あらかじめ予防することによって発症や再発を防ぐようにしたいものです。特に一旦炎症が発症したものの、今はおさまっているという場合は再び症状がひどくならないようにしっかり予防するようにしましょう。

予防もちろん実際にアトピー性皮膚炎が発症した場合まずは医師による治療を受けることが望ましいので、すべてを自分のケアだけで解決しようとすることはおすすめできませんが、特に症状がおさまっている間のセルフケアは自分でやっていくことになりますので、適切な方法を知っておく必要があります。ハウスダウトなどが問題になっている人はこまめな清掃や換気というものが重要になってきます。寝具やカーペットの手入れもしっかりしましょう。

睡眠不足や運動不足、ジャンクフードが多い食習慣などは自分の免疫力を低めてしまいますので改善していくことが予防につながります。いずれもアトピー性皮膚炎かどうかに関わりなく人間の健康に資することばかりですので、ぜひとも習慣にして大人アトピーの予防としても、そのほかの生活習慣病の予防としても実践していきましょう。

大人アトピーになる場合、きっかけとなる事柄は色々あります。なにかのタイミングでアレルギー反応を示しているわけですが、ハウスダウトやダニ、さらには花粉などにが引き金になることもあります。それ以外にも単に体調が悪くて身体の免疫力が下がっている時や生活全般が不規則になっている時、女性であれば妊娠や出産、月経というタイミングで大人アトピーになってしまう可能性もあります

ストレス他にも精神的なストレスというものも大人アトピーへとつながってしまうことがあるので厄介です。大体の場合こうした精神的なストレスというのは短期間で解消されるというよりもある程度の期間続くことが多いですし、今の社会の中では一つのストレスがなくなっても新たな生活上のストレスが出てくることが多いので対処するのが難しい分野の一つです。

大人アトピーの原因は必ずしも一つではなく複雑に原因が絡み合っている場合も多いので、心身共に生活習慣が良いものとならなければなかなかしっかりと改善ができないのも事実です。メンタル面の改善は確かに時間がかかるかもしれませんが、睡眠や食事などの生活習慣はその気になれば今日からでも変えられますので、いまいちど自分の習慣を見直してみるのは大事なことです。

小児アトピー性皮膚炎で悩まされている人の中でもかなりの数の人は成長するにつれて段々と症状が収まっていく人が多いようです。中学生や高校生になる頃にはたまに少しかゆみが出るくらいになっているというケースが多いです。ところが成人してからまた症状が再発してしまう大人アトピーという状況が最近見られています。

アトピーアトピー性皮膚炎は簡単に言えば皮膚のバリアー機能が低下してしまって、アレルギー反応に弱くなっている状態で、外部からの刺激に反応しやすくなってしまっています。皮膚のバリアー機能が低下しているという点では小児アトピーも大人アトピーも同じなのですが、そこに至るまでに過程は違いがあります。子どもの場合はまだ肌を守る力がそもそも弱いという部分がありますが、大人の場合は乱れた生活習慣などによって健康な身体の本来の機能が失われてきてしまっていることがあります。子どもであれば成長と共にバリア機能が強くなって次第に症状がおさまっていくことも期待できますが、大人の場合はそれ以上成長によって強くなっていくということは望めません。

子どものうちから保湿というスキンケアを親御さんがしっかりしているとかなりアトピー性皮膚炎の発症を抑えられるというデータもありますが、やはり大人になってからも清潔な身体作りと定期的な保湿というスキンケアが大人アトピーに対処する基本的な方法となります。そしてもちろん健全な生活習慣を培うことも大事です。