スキンケアとアトピー

小児アトピー性皮膚炎で悩まされている人の中でもかなりの数の人は成長するにつれて段々と症状が収まっていく人が多いようです。中学生や高校生になる頃にはたまに少しかゆみが出るくらいになっているというケースが多いです。ところが成人してからまた症状が再発してしまう大人アトピーという状況が最近見られています。

アトピーアトピー性皮膚炎は簡単に言えば皮膚のバリアー機能が低下してしまって、アレルギー反応に弱くなっている状態で、外部からの刺激に反応しやすくなってしまっています。皮膚のバリアー機能が低下しているという点では小児アトピーも大人アトピーも同じなのですが、そこに至るまでに過程は違いがあります。子どもの場合はまだ肌を守る力がそもそも弱いという部分がありますが、大人の場合は乱れた生活習慣などによって健康な身体の本来の機能が失われてきてしまっていることがあります。子どもであれば成長と共にバリア機能が強くなって次第に症状がおさまっていくことも期待できますが、大人の場合はそれ以上成長によって強くなっていくということは望めません。

子どものうちから保湿というスキンケアを親御さんがしっかりしているとかなりアトピー性皮膚炎の発症を抑えられるというデータもありますが、やはり大人になってからも清潔な身体作りと定期的な保湿というスキンケアが大人アトピーに対処する基本的な方法となります。そしてもちろん健全な生活習慣を培うことも大事です。